• ひとりじゃできないを、みんなでできるに。

新着情報

Column No12「どのようにしてタスクシフトが実現されるのか」

●すべては法律によって 当然のことながら、法治国家である我が国では法律によってすべての行動が規制されています。医師も臨床工学技士もこの点では相違ありません。従って医師の働き方改革に伴うタスクシフト(業務補完)を行うには、 …

2020年2月12日 /
続きを読む

臨工連盟新聞2020冬号

あけましておめでとうございます。令和2年を迎え、会員の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。また、平素は当会活動に多大なるご尽力を賜り、厚く御礼申し上げます。日本臨床工学技士連盟は全国の皆様のご協 …

2020年1月26日 /
続きを読む

Column No11「働き方改革が本当に目指すもの」

●タスクシフトが大詰め タスクシフトの源泉となる働き方改革関連法案は、令和元年である今年の4月からすでに大企業では適応されている法律ですが、中小企業と医師などの特殊な技術を持つ職業には5年間の猶予期間が与えられているため …

2019年12月3日 /
続きを読む

医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフト/シェアの推進に関する検討会

活発な議論が行われています。臨床工学技士の将来を左右する重要な場です。

2019年11月20日 /
続きを読む

Column No10「アンケート結果が持つ意味とは」

日本臨床工学技士の会員を対象に実態調査が実施されています。前回の調査は回収率30.4%と辛うじて会員全体の3割を超える回答が得られました。ただ、言い換えると残りの69.6%からは回答を得られることができておりません。今回 …

2019年11月15日 /
続きを読む

Column No9「分け前の放棄」

日臨工会員の大半を占める30代以下の若い人たちに是非聞いて欲しいことがあります。国政選挙の投票権が18歳以上に引き下げられた時にもお伝えしましたが、政治に興味を持ってもらうために総務省が作成した高校生用のテキスト「私たち …

2019年10月16日 /
続きを読む